HALEKULANI

blog

Category:撮影技法

スリープオーバー(Sleep Over)

今回は「スリープオーバー」という撮影技法についてご紹介します。
(赤い箇所がご紹介するテクニックです。)

スリープオーバーの撮影方法としては、まず横たわっている役者の真上にカメラをセットします。次に、その位置から役者を見下ろしながらカメラを旋回させます。そして、旋回させると同時に、ゆっくりとカメラを上昇させたり、下降させたりします。
この撮影技法は、見下ろすように被写体を撮影しているので、「弱さ」や「無力感」という印象を与えることができます。そのため、映画では登場人物が孤立している時や、登場人物が死んでいるシーンによく使われています。
また、俯瞰の状態で被写体を捉えているので、周囲の状況を素早く把握することができます。

「参考動画」
スリープオーバー

また、弊社では動画を用いた様々なwebマーケティングを展開しています。
ハレクラニフィルの制作実績一覧はこちら
https://halekulani.co.jp/works/